f オリジナリティある美しい家!デザイン住宅について基本からご紹介します!|デザイン住宅を建てたい方へ 2024年2月更新

オリジナリティある美しい家!デザイン住宅について基本からご紹介します!

デザイン住宅は、広い意味では注文住宅のカテゴリーに分類することができます。注文住宅にも施主の意向が反映されるからです。例えば間取りや内装素材・外観などは事前に用意された選択肢の中から組み合わせて全体の完成形に落とし込むという流れが、注文住宅では一般的です。これに対してデザイン住宅では、建築家やデザイナーが綿密に施主と話し合いをしながら、外装や内装・間取りなどを完成させていくことになります。ここにデザイン住宅のオリジナリティが豊富な理由があるわけです。

デザイン住宅の特徴や選ばれる理由とは

外観からインテリアまでにこだわった、お洒落な家に住みたいと思っている人もいるのではないでしょうか。そのような場合にはデザイン住宅が適している可能性があります。デザイン住宅とはコンセプトをもとにデザインを考えて作られているのが特徴です。建物全体がデザインされているので、建物の外観から内装まで統一感があるのが一般的です。デザイン住宅には、有名建築家の手によるものも少なくありません。その建築家ならではの特色ある雰囲気やデザイン、強烈な個性を形にしたものも中にはあります。そのようなデザイン住宅は、なんといってもデザイン性の高さが魅力です。他にはない独創的な家を建てたい人に選ばれることがあります。理想を形にすることが出来るのがメリットといえるでしょう。またオーダーメイドなので暮らす人のライフスタイルに合った家が手に入るのも魅力です。それから狭小地や変形地など、変わった形の土地を活かしたい場合にも選ばれることがあります。

デザイン住宅は独創的な建物も多い

家を建てるなら他の人のものとは似ていない、独創的な建物にしたいと思っている人もいるのではないでしょうか。そのような場合には、注文に応じて造るデザイン住宅にすると良いかもしれません。このような住宅はコンセプトに合わせて設計して建てることができるので、内部から外観まで統一感のあるデザインにすることが可能です。出来上がったものを購入する建売住宅では、デザイン住宅とは異なり一般的に人気がある無難な造りの家が多いです。また注文住宅でも規格型住宅の場合には、外観も内装もある程度決まっている中から選ぶことになるためそれほど自由度は高くありません。その点デザイン住宅は建築家や設計会社が買主の注文に応じて一からプランニングして造るので、他にはないような住宅にすることが可能です。注文住宅の中でもデザイン性に優れているのが特徴で、デザインにこだわったオリジナリティある美しい家にすることもできます。一般的な家を建てにくい、狭小地や変形地にもおすすめです。

快適に生活できるデザイン住宅の空間

お洒落で素敵なデザイン住宅に住みたいと思っている人もいるのではないでしょうか。デザイン性の高い家はお洒落さが魅力ですが、実際に暮らすことを考えるとやはり快適に生活することが出来るかどうかも大切になります。デザイン住宅を建てる場合にも、生活動線に配慮して普段の生活がしやすいように間取りを配置することが大事です。玄関からリビングや個人の部屋などへ、スムーズに移動することが出来るようにします。それからデザイン住宅でも暮らしやすさのためには、家事動線も意識して間取りを決める必要があります。洗濯や掃除をする際に短距離で移動することができると、効率よく用事を済ませることができるでしょう。できるだけ上下移動が少なく、部屋との距離が短いほうが効率よく動けます。居住性を考えたデザイン住宅では、使いやすい収納もあると便利です。出し入れが簡単な収納があれば部屋が片付きやすく、デザイン性に優れたお洒落な建物を綺麗に維持できます。

資産価値が高いデザイン住宅を建てるには

資産価値が高いデザイン住宅を建てるためには、いくつかの重要なポイントを押さえる必要があります。まず第一に良質な建材と高い技術力を持つ建築会社を選ぶことが重要です。建物の品質は将来の価値に大きな影響を与えるため、信頼性のある建築業者を選ぶことが賢明です。 次に環境に配慮したデザインとエネルギー効率を重視することも重要です。持続可能な素材やエネルギー効率の高い設備を導入することで、ランニングコストを抑えつつ、環境にも優しい住宅を実現できます。このような環境への配慮は将来的な需要にも対応しやすく、資産価値を高める要因となります。 ロケーションも重要な要素です。交通の便がよく、生活に便利な立地や、将来的な発展が期待できるエリアを選ぶことで、デザイン住宅の魅力が高まります。近隣環境や周辺施設にも注意を払い、住宅の魅力をさらに引き立てることが重要です。 ユーザーのニーズやライフスタイルに合わせたデザインが必要です。機能的で使い勝手の良い間取りや、快適な居住空間を提供するデザインが住宅の魅力を高めます。将来的にも需要があるようなデザインを取り入れることで、価値を保持しやすくなるでしょう。 良好なメンテナンスが不可欠です。定期的なメンテナンスや修繕を怠らないことで、住宅のコンディションを維持し、将来の価値を高めることができます。

デザイン住宅が出来上がるまでにかかる期間

自分らしい暮らしを実現するために、デザイン住宅を建てることは夢の一つかもしれません。
しかし、建築には時間がかかることもあり、気になる工期について知りたいという方も多いことでしょう。
ここでは、デザイン住宅が出来上がるまでの一般的な期間とその工程について解説します。
まず、住宅の設計段階は1ヶ月から数ヶ月の日数が必要でデザイン住宅の建築は、まず建築設計士や建築家との打ち合わせから始まるので自分の希望や要望を伝え、建物のプランやデザインが練られます。
設計段階には家族の意見を取り入れるため、さらに時間が必要になることがあります。
建築設計が完成したら、建築基準法や地方自治体の条例に基づき建築確認申請が行われ、建物の用途や規模によって審査に必要な期間が異なりますが、1ヶ月から数ヶ月になることが一般的です。
そして工事が始まる前に、土地を整地して建物の土台となる地盤を整えます。
この工程は天候によって影響される場合があります。
このように様々な要素を考慮すると、デザイン住宅の建築は設計段階から引き渡しまで数ヶ月から半年以上かかることが一般的です。

明るい雰囲気でおしゃれな南欧風のデザイン住宅

デザイン住宅を建てる際に、コンセプトとして南欧風を選ぶことも可能です。
海外の住宅はおしゃれさが感じられることが大きな特徴になり、家作りの工程で国内では採用が少ないデザインを多用していることも魅力ではないでしょうか。
該当するデザイン住宅の場合、外壁はホワイト系が向いている傾向にありますが、普通のモルタルやコンクリートではなく、塗り壁で白い外壁に仕上げることが最適です。
明るい雰囲気にするためには屋根に注目する方法があり、明るいブラウン系やオレンジ系であれば南欧風の住宅に近付けることが可能になります。
高さのある大きめサイズの玄関ドアを設置する方法や、国内メーカーの窓サッシを取り付けた場合でも、建築会社に依頼をして飾りを外壁側に取り付ける方法も効果的です。
全てをストレート状にしてしまうと日本で建築されている一般住宅のような見栄えになってしまうので、アーチ部分をいくつかの箇所にデザインとして取り入れたりする方法もおしゃれさを発揮できます。

安心して暮らせるデザイン住宅を建てるポイント

デザイン住宅というと、文字どおりデザイン性の高さばかりが重視されがちです。
一方、住まいである以上、暮らしやすさも軽視するわけにはいいきません。
安心できる生活につながるポイントを満たしているか確認しましょう。
たとえば、外部から人が侵入しにくいこと構造もその一つです。
デザイン性を高めたいあまり、邪魔になるエクステリアを省略するケースも見受けられます。
しかし、その分だけダイレクトに玄関まで近づけるため、防犯の意味ではデメリットが大きいです。
セキュリティを強化しようとすると、その分だけ余分な設備が必要になります。
それらが景観を損ねるケースもあるため、デザインとはトレードオフといっても過言ではありません。
防災の設備も同様であり、デザイン住宅における優先度は低く見られるケースがよくあります。
そうすると、安心できる暮らしから遠のいてしまうので注意してください。
これらを導入しても外観が悪くならないような工夫も必要です。

デザイン住宅を変形地に建てるには

少し変わった変形地に家を建てる場合、不便さも発生しつつ面白味も出せる条件です。
例えば家の半分だけ地下があったり、一部だけ3階があったりと客が驚く造りというものもあります。
こういったものはテーマパークやアトラクションではあるものの、自宅でそれがあるというのは珍しいのではないでしょうか。
作りたい場合は自分で設計するよりも、専門のデザイナーや建築士に依頼してデザイン住宅として作ってもらう方がいいかもしれません。
デザイン住宅ならデザイナーが気合いを入れて設計してくれますし、こちらの無茶な要望も比較的通り安くなります。
3階まで吹き抜けにしてもらったり、地下に車庫を作ってエレベーターで持ち上げるといった奇抜な事も可能です。
変形地という特殊条件もあり、間違いなく世界でここにしかない家を作って、そこに住めるというのはとても特別感がある事ではないでしょうか。
もちろん通常の家に比べて不便な面が出て来る可能性もありますが、上手く付き合いたいところです。

コンセプトを元に建てるデザイン住宅

デザイン住宅は自在に設計することが許容される一方で、方向性がまとまっていないとデザインの統一感が失われてしまったり、実際の居住性が悪いという不満の残る家になってしまう可能性があります。
そういった事態を回避するためにおすすめなのが、コンセプトを元に建てるデザイン住宅です。
デザイン住宅を建てる際に、まずテーマとも呼べるコンセプトを決めてそのテーマから外れないように各所を設計していくという手法です。
たとえば、庭を眺められる家や快適な在宅ワークが出来る家といったテーマを設定し、リビングを庭に面する位置に配置したり仕事部屋を広くするといったことをベースに各所を派生させていくのです。
また、デザイン住宅ならではのテーマとして挙げられるのが、映画やテレビゲームの世界観を住宅に持ち込むというものです。
登場キャラクターの住む家や生活様式、さらにはその世界で用いられている道具を模して自分の住宅に組み入れるということが可能です。
その世界観を理解して設計すれば、現実の居住性を犠牲にせずテーマに沿った家を完成させることができます。